30日無利息で即日振込可能なカードローンまとめ!

生活費が足りずに30日無利息カードローンをする日々

 

私は、旦那と1歳になる子供と3人暮らしです。
私の旦那は、稼ぎが少なく、正直、旦那のお給料だけでは生活ができません。
私も、働きたいのですが、子供が保育園に入れず、子供を見てくれる人がいない為、働くことができません。
毎月、最低でも5万はマイナスになります。その分を30日無利息カードローンして補っています。
返済は、ボーナスでなんとか返済しています。
でも、もし、ボーナスが減額なったり、なくなってしまったら、私達は、
生活できなくなります。
毎月、30日無利息カードローンを繰り返し、返済するあてもなく、借金地獄に落ちていくのだと思うと、毎日が不安で仕方がありません。
30日無利息カードローンをした瞬間は、なんだかリッチな気分になるのですが、
所詮、自分のお金ではないし、返済が待っています。
この生活、なんとかしたいです。

 

結婚式が続いて金欠になり、30日無利息カードローンを利用しました。

 

私が過去に30日無利息カードローンを利用したことがあるのは、友人や知人の結婚式に立て続けて招待された時でした。私のまわりでは結婚する人も増えていて、それはおめでたいことなのですが、結婚式の日程が集中することがあります。
5月の連休など、休みが集中しているような時期には2日連続で結婚式に招待されたということがありました。

 

御祝儀はもちろん、2次会の参加費や式場までの交通費など、たった2日間で10万円以上の出費が必要になり困ってしまいました。当時は私も引越しをしたばかりで貯金も無く、30日無利息カードローンを利用することにしました。

 

30日無利息カードローンを利用するのは初めてだったので、利用する前にサイトなどで調べたりしました。30日間無利息で利用できるということを知り、安心して30日無利息カードローンを利用することができました。

 

30日無利息カードローンの便利な使い方について
30日無利息カードローンって利息が高いイメージがありますよね。確かに年利で考えると高いです。
ですが、借入期間が短いなら、通常の使い方よりも得をする事が可能です。
例えば、土曜日に1万円が必要になったとします。でも、手元にお金がない。
休日に銀行でお金を下そうとすると大体、手数料105円がかかります。
コンビニなどで下せばさらに手数料がかかる場合もあります。
しかし、30日無利息カードローンの場合だと手数料は発生しません。
ですので、年利25%で土曜日に1万円を借りて、月曜日に返せば発生する利息は約14円となり、
銀行でお金を下すよりもお得になります。
このように、使い方によっては30日無利息カードローンはお得なサービスであると言えます。
ただし、借入期間が短い時限定の使い方ですので、注意が必要です。
1ヶ月無利息 キャッシング


このページの先頭へ戻る